愛すべき健康茶とパンケーキ

ハイビスカスティー

ハイビスカスは、本来はアオイ科フヨウ属の植物の総称ですが、園芸用で用いられるブッソウゲを指して使われる事が多いです。
ハイビスカスティーに使われるのは、ローゼルと呼ばれるアオイ科フヨウ属の別種の植物です。
ローゼルは、アオイ科の一年草で、アフリカなどが原産と言われています。
高さは2mに達し、花弁が5片ある黄色い花を付けます。
熟すと赤くなり、萼片(がくへん)と呼ばれる部分とその外周にある総包片が肉厚になります。
熟した萼片や花は、ジャムやハーブティーの原料として使われます。
また、生薬としても利用されています。
ローゼルは別名、ローゼリ草、レモネードブッシュなどと呼ばれています。

ローゼルには、ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれており、疲労回復に効果があります。
ビタミンCには、メラニンを抑える作用や肌の状態を整える働きがあります。
また、カリウムも多く含まれているため、利尿作用があります。

ハイビスカスティーは、クレオパトラも愛飲していたと言われる健康茶です。
ハイビスカスティーは、クエン酸とビタミンCを含んでいるため、すっぱさがあり、清涼感があります。
また、ハイビスカスティーの色は、鮮やかな赤色をしています。
ハイビスカスティーで期待できる効果は、何といっても疲労回復です。
クエン酸を多く含んでいるため、疲労回復には抜群の効果を発揮します。
また、クエン酸には、のどの炎症を抑える効果があり、乾燥する時期に最適です。
カリウムが多く含まれているため、利尿作用があり、むくみの解消や二日酔いに効果があります。
ビタミンCを多く含んでいるため、美肌効果もあります。
眼精疲労の予防や回復などにも効果があると言われています。
ハイビスカスティーには、カフェインは含まれてはいません。

ハイビスカスティーは、肌を美しく保ちたい方、疲れがたまっている方、お酒を多く飲まれる方にオススメの健康茶です。
ハイビスカスティーは、ホットでもアイスでも美味しく飲む事ができます。