愛すべき健康茶とパンケーキ

生活習慣病の予防

今日の日本では、食生活の乱れ、運動不足など生活習慣の乱れる事が多いと言え、生活習慣の乱れが生活習慣病に繋がっていきます。
生活習慣病とは、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧などの疾患の総称です。
これの疾患は、生活習慣が大きく関わっていると考えられています。

多くの疾患が、遺伝的要因や老化などの影響でやむを得ず発症してしまうと言う事も考えられますが、日常の生活習慣が影響を与えている事が多いと言えます。
日常の生活習慣の影響は高齢になってから大きくなります。
しかし、日常の生活習慣を見直す事によって、生活習慣病のリスクを下げる事ができます。
生活習慣病の原因と予防についていくつか紹介しましょう。
・食生活
脂っこい食事、塩分の過剰摂取、野菜の摂取不足などの食生活が生活習慣病の原因と言えます。
また、1回の食事で大量の食物を食べる事や間食が多いのも生活習慣病の原因となります。
生活習慣病の予防には、食事の偏りや栄養素の偏りを修正し、様々な食品をバランスよく食べる事が大切です。
また、トウモロコシ茶やシイタケ茶などの健康茶は生活習慣病の予防に最適です。
トウモロコシやシイタケは栄養が豊富なため、不足しがちな栄養素を補ってくれます。

・嗜好品
タバコやアルコールなどの嗜好品は生活習慣病の原因となります。
適度のアルコール摂取は、ストレスの解消や狭心症の予防に繋がりますが、多量のアルコール摂取は、高血圧や脳卒中のリスクを高めます。
タバコは、多かれ少なかれ様々な疾患のリスクを高めます。
タバコやアルコールなどの嗜好品を見直す事は、生活習慣病の予防に繋がります。
しかし、禁煙をするにはそれ相当の覚悟が必要となり、1人では中々成功しない事は多いと言えます。
禁煙外来などを行っている医療機関に相談してみるのは1つの手です。

・運動
適度な運動は生活習慣病の予防になります。
激しい運動をするよりも軽く汗を流す程度の運動の方が生活習慣病の予防になると言えます。

生活習慣病を予防する上で、適度のストレス発散も重要となってきます。
ストレスが過度になると活動性が損なわれたり、食欲の低下など様々な影響がでてきます。
それらが、日常の生活習慣に影響を与えます。