愛すべき健康茶とパンケーキ

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に、高血糖、高血圧、脂質異常・高コレステロールの内、2つ以上合併した状態の事です。
メタボリックシンドロームの状態を放置し続けると、動脈硬化、糖尿病など重篤な疾患に繋がります。

動脈硬化は、動脈の壁にコレステロールなどが沈着し、動脈の弾性力が失われ、血管が硬化した状態の事です。
心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因となります。

糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンの分泌不足と筋肉や肝臓などでのインスリン作用不足により、筋肉や肝臓に取りこまれるはずのブドウ糖が血液にとどまり、血液中や血漿中のブドウ糖が持続的に上昇して疾患の事です。
若年者が多く発症するⅠ型糖尿病と壮年期に多く発症するⅡ型糖尿病の2つの型があります。

日本の糖尿病の約90%がⅡ型糖尿病です。
糖尿病を長期にわたり放置し続けると、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症障害を合併します。
これらの疾患は、糖尿病も三大合併症と呼ばれています。
糖尿病性網膜症は、失明に繋がり、糖尿病性腎症は、腎不全による人工透析に繋がり、糖尿病性神経障害は、末端の壊死などに繋がります。

これらの疾患に陥らないためにもメタボリックシンドロームを予防する事は大切です。
メタボリックシンドロームの予防には、バランスのとれた食事、適度な運動が効果的です。
また、健康茶の飲用で、より効果が期待できます。
メタボリックシンドロームに効果がある健康茶は、トチュウ茶、シイタケ茶、ソバ茶などです。
トチュウ茶には、血圧降下作用やコレステロールを下げる効果などがあり、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。
シイタケ茶には、血圧降下や動脈硬化を予防する効果などがあり、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。
ソバ茶には、血圧降下、動脈硬化の予防、毛細血管の強化などの効果があり、メタボリックシンドロームの予防に繋がります。

メタボリックシンドロームを予防する事で、生活習慣病などの予防になり、健康の増進に繋がります。