愛すべき健康茶とパンケーキ

アロエ茶

アロエは、ユリ科の多年草で、熱帯アフリカが原産の多肉植物です。
多肉植物とは、葉や茎に多量の水をため込む事ができる貯水組織が発達した植物の総称です。
アロエには、多肉でぎざぎざした根出葉が集まり、その中心部から花や茎を出すものと、茎があり、そこから葉が互生するものとがあります。
葉の汁は生薬として用いられています。
アロエは別名、ロカイとも呼ばれています。

アロエには様々成分が含まれています。
また、薬効成分の多くは葉皮に含まれています。
アロエに含まれているアロエチンと言う成分には、抗菌、殺菌作用などがあります。
また、アロクチンAには、免疫力を高め、ガンを抑制する作用があります。
アロインやアロエエモジンには、胃液の分泌を盛んにする働きがあります。

アロエウルシンには、抗潰瘍作用があり、胃腸の粘膜を保護すると伴に、胃液の分泌を促進します。
アロエボランには、血糖値を下げる働きがあります。
このようなことから、アロエは、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、便秘など胃腸の疾患や症状、水虫、ガンの予防などに効果があると言えます。
また、アロエの成分を使った育毛剤などもあり、育毛にも効果があります。
抗菌作用があるため、アロエは傷薬としても使われる事があります。

アロエの摂取の仕方として、アロエジュースやアロエヨーグルトが一般的ですが、アロエを使った健康茶であるアロエ茶もあります。
アロエ茶で期待できる効果には、胃の健康を保つ、便秘の解消、肥満の解消、免疫力の向上などが挙げられます。
アロエに含まれている成分であるアロエウルシンが胃液の働きを促進すると伴に、胃腸の粘膜も保護してくれるため、胃の健康を保つ事に繋がります。

アロエに含まれている成分であるアロエボランは、血糖値を下げる働きと伴に、新陳代謝を促進する働きがあり、余分な脂肪を燃焼してくれるので、肥満の解消に繋がります。
アロエに含まれている成分であるアロクチンAには、免疫力を高める働きがあるため、免疫の向上に繋がります。