愛すべき健康茶とパンケーキ

ヨモギ茶

ヨモギは、キク科の多年草で、高さは50cmから1mに達します。
野山で多く見る事ができる植物です。
夏から秋にかけて、茎の上部に小さな淡褐色の花を多数つけます。
葉は、上面は緑色をしており、下面は、白色を帯びており、また毛が密生しています。
若葉は、ヨモギ餅の材料などに使われるため、モチグサとも呼ばれています。
葉の下面の毛は、お灸で使うもぐさの材料になります。
また、葉は、腹痛薬などにも利用されています。

ヨモギには、ビタミンAやビタミンCなどのビタミン、鉄、カルシウム、リンなどのミネラルが含まれています。
また、ヨモギには、タンニン、葉緑素クロロフィル、βシトステロール、コリンなどの成分が含まれています。

タンニンには、ヒスタミンを抑制する作用や過酸化脂質を抑制する作用などがあります。
葉緑素クロロフィルには、抗アレルギー作用や殺菌作用などがあります。
βシトステロールには、血液をきれいにする作用があります。
コリンには、動脈硬化を抑制する作用があります。

ヨモギを食用とする場合、ヨモギ餅などにするのが一般的です。
ヨモギは、健康茶の材料としても用いられます。
ヨモギを材料にした健康茶であるヨモギ茶を飲用する事によって、いくつかの効果が期待できます。
タンニンには、アレルギー反応に関与するヒスタミンを抑制する効果があり、葉緑素クロロフィルには、抗アレルギー作用があるため、アレルギーやアトピー性皮膚炎などの予防に繋がります。

また、葉緑素クロロフィルには、血液をサラサラにする作用と血液をきれいにする作用があるため、心筋梗塞などの予防に繋がります。
ヨモギには、シネオールと言う成分が含まれており、ヨモギ茶を飲用する事によって、冷え性の改善、貧血の改善などに効果があります。
コリンには、動脈硬化を抑制する作用があるため、動脈硬化予防に繋がります。

ヨモギ茶には、血行を良くし、新陳代謝を促進する効果が期待できるため、美肌効果やダイエット効果もあります。